496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

 

虫歯を防ぐうえで重要なことは、一辺倒に取り組むのではなく複合的に対策をして初めてむし歯予防が有効になってくることをしっかりと理解しておく必要があります。

 

これを理解する上で、虫歯になる4つの条件という観点で話を進めていきたいと思ます。

 

虫歯になる条件1 食べ物

食べ物に関して、虫歯に繋がるものというのは「糖」

代表的なことを言いますと、砂糖の類になります。

 

糖は虫歯菌のエサとなるいわば原因物質でもあるため、

こどもの内は少しでもリスクを抑える為にも、取り込む量は控えるべきです。

 

虫歯になる条件2 歯

歯の質と虫歯も大きく関係してきます。

酸に負けてしまう弱い歯というのは必然的に虫歯に繋がります。

 

歯質の強化を図る意識も重要な観点です。

これに関しまして、一般的な物はフッ化物による強化。

歯磨き粉や歯に直接塗布することで浸透させていくものになります。

 

虫歯になる条件3 時間

時間と聞くとピンとくる方はいないかと思われますが、

ここも重要な観点です。

まず、口の中は唾液などの作用により、常に中性を保たれて

歯からミネラル分が溶けださないようになっています。

しかし、食べ物が口に入ると同時に口の中は酸性へと傾きだしていきます。

これにより、歯の表面が溶けだし「脱灰」という状態になるのです。

 

これはまた唾液の作用でしばらくすると中和されて弱酸性(中性)にもどされることになるのですが、だらだらと食べている時間が長いと常に酸性の状態が続き、歯が溶け続けてしまうことになるのです。すると、虫歯へ進行しやすい環境が整い、蝕まれていくということに繋がるのです。

その為、食べている時間もしっかりと意識して、オンオフをしっかりとメリハリのある食事を心がけましょう。

この観点から、おやつも食後すぐにとることで、虫歯リスクを大幅に減少させることができるわけです。

 

虫歯になる条件4 虫歯菌

虫歯菌は感染する菌で、主に幼少期に近しい大人(主に両親)から移されるものです。

ミュータンス菌といわれる虫歯菌は、粘ついたグルカンといわれる物質をつくり、歯を蝕んでいきます。上の3つの条件を満たすと虫歯菌の恰好の餌食と化してしまうため、

少しでも多く虫歯菌が住みづらい環境をつくることが重要となります。

 

今は虫歯菌除去の歯磨き粉なども売られているので、虫歯除去のブリアン口コミが色々と書いてあります
そちらもチェックしてみると良いかと思います。

 

まとめ

単純に歯を磨いているだけでは、虫歯が防げないことも往々にしてありますので、

今一度虫歯の条件を1つ1つ意識して対策してみるのことも重要です。

 

日々の対策を怠わらずに頑張ってみて下さい!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。