私は小さい頃からアレルギー体質で、特にアトピー性皮膚炎に関しては症状が顕著に現れていました。

症状がひどくなったのは中学生の頃からで、まさに思春期に突入した時です。みなさんも経験があると思いますが、思春期は見た目など特に気にする時期です。なので、肌が荒れて赤くなるなど、見た目に影響してしまうことに関しては本当に敏感になり、人に見られることに抵抗ができていました。

そんな見た目にコンプレックスを持つ気持ちもあるなか、

ワキガ体質にも悩んでいました。

そのせいで、恋愛に関しては特に臆病になっていました。何も気にせず自由に恋愛がしたかったのですが、自分なんか臭いし、肌のガサガサだから…嫌じゃないだろうか、自分なんかに話しかけられたら嫌じゃないだろうかと意識をしてしまうことで結局まともに恋愛をすることもできませんでした。今思い返してみれば他の子は私のことをそこまで見た目で気にしてはいなかったのかもしれないのですが、コンプレックスというものは厄介なもので自分自身の意識が悪い方向に偏ってしまうとどうしようもないのですね。

私の経験ですが、コンプレックスに関して悩む時は同じように悩んでいる方の体験談等が励みになります。こうして悩んでいるのは自分だけではないんだと思えるからです。また、対処法についても書いてくれている方もいるので是非ネットや信頼できる友達に相談してみるなど一人で悩まないようにしてみてください。一番ハマってしまってまずい状況は自分の視界だけで判断してしまうことなので、コンプレックスを持っている方は勇気を出して相談してみることから始めましょう。

 

臭いに関してもしっかりとワキガ対策のクリームを使えば

日常生活では何の支障もありません。http://www.advokat66.com/を見つけて今では快適そのものです。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。